AKAGIやる気塾のホームページは引っ越ししました。自動転送します。
転送されない方はこちらをクリックして下さい。
クリック

AKAGIやる気塾は赤城山山頂の活性化を元気に行っています

やる気塾とは

AKAGIやる気塾とは

赤城山頂の観光振興を目的として赤城山頂で観光に従事されている住民有志の皆さん,前橋市観光課,群馬大学公共政策研究室で連携し2010年夏から活動を開始しました.当初は大洞地区意見交換会という形をとりましたが,2011年「AKAGIやる気塾」を設立するにいたり,活発な活動を行っています.その活動の最初の成果は,2010年冬の滑り止めの砂の設置といえます.砂袋を地域住民の皆さん総出で作成し,滑りやすい坂道に設置しました.この成功がきっかけでメンバーの結束とやる気が高まったといえます.

毎月1回,全体会および三つの部会(情報発信,名物づくり,ルール作り)に分かれ活発な討論を行っています.広報宣伝部会が2012年5月に加わりました.

情報発信部会

情報発信部会では,地元のウォーキングのルートをまとめ赤城山ウォーキングマップとして完成させました.1部10円で販売中です.

ウォーキングマップ

名物づくり部会

名物づくり部会では,冬期にスタックする自動車のためにすべり止めの砂袋を用意しました.その砂のあまりを利用して滑らないための「おまもり」として瓶詰めしました.
その他,あらたな名物として木札,しるチョコ白樺クーヘン,赤べんを考案しています.物産については,赤城山に登ってきていただいた方のみに販売させていただいています.地域にきていただくことが主眼ですので,物産を山頂以外で販売することは原則行っていません.

滑り止め砂

ルール作り部会

ルール作り部会は,キャンプ場の利用ルールを策定し県とタイアップし看板を設置しました.

広報宣伝部会

広報宣伝部会は,このホームページの管理,やる気塾や構成員のイベントの情報発信を担当しています.