白樺クーヘン

お助け砂赤城山の木札といった小物のお土産に加えて,食べ物もお土産になきゃまずいよねという観点で考えられたのが「白樺クーヘン」です.
試食を繰り返し,赤城山らしいバームクーヘンにしたいと,ネーミングや形態を考えました.
バームクーヘンは通常外側が焼かれて茶色になっていますが,これでは白樺の感じが出ません.粉砂糖をまぶして白くして白樺の幹に近づけました.
上毛新聞や地元の情報誌に多数紹介され好評です.赤城山に遊びにきていただいてご賞味いただくよう赤城山山頂でのみの販売となります.

IMG_3722

kuchen